中古トラックのお役立ち情報がいっぱい!

当サイトは中古トラックの外観や積載容量による種類別や、バンと略される荷台がアルミ製でできた箱型バンボディの特徴、ボディタイプ別や重量ごとの用途、パワーゲートの特徴やトラックの大きさによる車検と費用の違いなどを紹介しています。
ボディタイプ別に平ボディやウイングや冷凍車、クレーンやダンプやタンクローリーの用途とメリット、トラックに架装するのは車検前か車検後が良いのかなどのタイミングをわかりやすく解説します。

中古トラックのボディタイプ別の用途

中古トラックのボディタイプ別の用途 パワーゲートはトラックなどの後方に備え付けられている荷役省力化装置で、荷物をトラックから地面へ降ろす時にエレベーターの容量で自動に降ろします。
地面からトラックへ積む時にも自動で荷物ごと上昇するので荷物の積み下ろしの労力がはぶける便利な昇降機で、テールゲート昇降装置やテールゲートリフターとも呼ばれており、アメリカでの呼び名はリフトゲートです。
中古トラックには装備していないことが多いパワーゲートですが、トラック架装を行っている専門業者に依頼すれば後付けでも搭載できます。
どのような積み荷を昇降するかで強度を変えなければならないので、後付け費用は50万円から150万円と幅があり、中古トラックにパワーゲートを取り付けると車重が増えてしまうため、たとえ車検直後だとしても構造変更の届け出が必要です。

中古トラックには用途に合わせて様々な形状がある

中古トラックには用途に合わせて様々な形状がある 中古トラックで多い形状に、「平ボディ」と「バンボディ」があります。
「平ボディ」というのは、荷台部分が平たくなっているのが特徴のスタンダードな中古トラックの形状で、小型トラックはもちろんのこと、中型や大型など様々なサイズのトラックで採用されています。
平ボディの軽トラックなどはよく農家が使用し、中型・大型の平ボディは工事現場でよく使用されています。
荷台が平らなので、どこからでも荷物を入れたり出したりすることができるのがメリットです。
それに対して「バンボディ」というのは、荷台部分がアルミ製の箱状に覆われているタイプです。
荷物が外に飛び出していくことがなく、雨が降っても濡れることがありません。
物流シーンではバンボディのトラックがほとんどで、軽から大型の中古トラックまで様々なサイズが揃っています。
この他にも、ウィングボディと呼ばれるバンボディの両側が開くタイプのものや、幌ウィングと呼ばれる荷台部分が帆で覆われたウィングタイプも、さらに荷台を断熱加工を施した冷蔵車や冷凍車もあります。
中古トラックは用途に合わせてサイズや形状を選ぶ必要がありますが、予算内においてできる限りコンディションに良いものを選ぶことが重要です。

中古トラックのランニングコストはどれくらいか

商用車として多くの企業に使用されているトラックは、中古市場も盛んで多くの種類の中古トラックが世に出回って販売されています。中古トラックを運用するメリットは、まずスタートのコストを新車と比べて非常に安く抑えることができる点にあります。できるだけ費用を抑えたい場合は程度の良い中古を選ぶのが最善の方法ではありますが、維持費というのは新車と変わらず必要になってきます。まず維持のための基本費用として、自動車税と重量税がかかってきますが、重要税は運用するトラックの大きさによって変わってくるため、多少の余裕は必要ですができるだけ用途に合った大きさの個体を選ぶようにすれば維持費を抑えることが可能です。中古トラックを扱ううえで気を付けたいランニングコストは他にもあり、それはタイヤやオイルその他パーツ類などの消耗品費用となります。中古ゆえに劣化が進んでいるパーツは逐次交換する必要があるため、できるだけ程度の良い個体を選ぶことが大切です。

中古トラックの販売店で買取と購入をすることも大切

仕事で使っているトラックをどうしていくかを考える時に、状態をチェックしながら買取サービスを利用できるようにすることも重要になります。中古トラックに関する情報をチェックしていく中で、販売店の中には、買取にも対応するところがあり、売って購入資金を得てから中古トラックを購入することができます。一つのお店でまとめてサービス利用をしたほうが手間を省くことができますし、売るときにサービスしてもらえる可能性があります。購入も含めて検討していることを伝えて、買取金額アップにつながるようにお店を探すことも条件が良い取引ができるようにするためのコツです。中古トラック情報を集めていきたいときに、お店のサイトをチェックして、最新の在庫情報を集めていくことができるところもあります。たくさんの情報を集めていくことにより、魅力的な条件がそろっている商品を見つけることができるチャンスもあり、お得に買える可能性を広げていくことができます。

中古トラックを購入するうえでの注意点とは

中古トラックは多くの種類が市場に出回っており、業者によっては必要とする個体を非常にお得な値段で購入することができる環境が整っています。一方で中古トラックを購入するうえでの注意点もいくつかあり、事前の下調べは必要不可欠と言えるでしょう。まず必ず調べておきたい点は、走行距離です。これは一般的な中古自動車でも必須項目ですが、トラックでも同様で、輸送などで長時間あるいは長期間使用するために購入するのであればできるだけ走行距離の少ない個体を選択することが大切です。長い距離を走っているものはその分消耗品の摩耗はもちろんのこと、走行するうえで欠かせないパーツもそれなりに消耗しているためで、業者によってはそれらの消耗品を新品同様品に取り換えて中古として販売しているところもあるため、事前にチェックしておきましょう。注意点は他にもあり、それは交渉する業者自体が信頼できるかどうかです。なかには走行距離などを偽っているところもあるため、評判などもチェックするのが大切です。

中古トラック購入で掘り出し物を見つけるには

中古トラックは様々な種類が存在し、それゆえに多くの業者が扱っているため値段が一律ではないことでも知られています。なかには提示額は安くともオプションなどを付けたら新車価格に近くなってしまうようなケースもあるため、事前チェックは必要です。中古トラックの掘り出し物を見つけるためには情報量が物を言い、同じ車種、年式、走行距離でもお得な個体は存在します。まずはネットで入手したい車種のだいたいの相場を確認し、ネット上での最安値の目星をつけておきます。次に、販売量の多い中古業者へ実際に行くことが大切で、ネットには掲載されていないいわゆるアウトレット中古品のようなものがあるかどうかを確認します。ネット未公開車両は今の時代でもまだ多く存在しており、それらを交渉で安く購入できる可能性は十分にあり、結果的に掘り出し物を購入できるケースは少なくありません。情報の入手の仕方はネットの他にも、その筋に詳しい人の話を聞くことも大切です。

脱サラを目指す方は中古トラックで新規事業を興す方法があります

脱サラをして独立を目指す方の中には、運転免許を活かして中古トラックを購入して新規事業を行うことは決して難しいことではありません。これまでの勤務してきた職種で培ったノウハウで事業を興す方もいますが、事務所や店舗、在庫品などを抱えるような事業では不安的要素が増えてしまうことで事業内容で迷いが出てしまうことも少なくはありません。トラックを使った事業の場合は、元手がトラックの購入費に限定されるので割と事業計画を作りやすい傾向にあります。新車で購入をすると莫大な費用が掛かってしまいますが、中古トラックの場合は普通免許で運転できる範囲であれば決して高額ではないので事業資金の面で苦労することもありません。肝心な仕事内容は運送会社と委託契約を結ぶ方法や、荷物の出荷数が多い企業と契約を結ぶ方法、不動産管理会社の中には残置物や廃棄物を各物件から引き上げて自社の敷地内に一時的に溜めている会社も多いので、営業エリア内を決めてから不動産管理会社に宣伝を行う方法も効果的ではないでしょうか。

中古トラックについて詳しく知りたい

中古トラック